• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

日本屈指、その道20年の竹炭デザイナーが贈る「竹炭インテリア」(単体)

日本屈指、その道20年の竹炭デザイナーが贈る「竹炭インテリア」(単体)
¥ 3,024
70seeds STOREで取り扱い開始後、多くの反響を呼んだ竹炭インテリア「TAKESUMI」。
問い合わせの声にお応えし、当初展開していたセット商品が単品でもお買い求めいただけるようになりました。

「竹炭を使ったグッズ」というだけなら、ディスカウントストアや100円均一ショップでもすでに売られています。そんな商品と「TAKESUMI」の違いはどこにあるのでしょう。

その違いは大きく3つありました。


1. デザイン性にこだわった「インテリア」。

これまで竹炭と言えば、「置いてあるだけ」で用をなす、消臭・殺菌のための「機能性商品」としての顔が主なイメージでした。ですが、機能だけで言えばもっと安価な化学薬品でいくらでも代わりができてしまう。美しい日本の竹炭を使うからこそできることを考えた先にあったのが「デザイン性」の追求でした。

竹炭ブームが起きるよりもっと前から、20年間にわたって竹炭アートクリエーターとして活動を続けてきた、TAKESUMI副社長の南さんが生み出す「デザイン」。そのクオリティは、日本橋の老舗百貨店にも並んだ実績を持つほどです。

2.日本の炭焼き職人による最高級の竹炭。

竹炭の弱点、それは「割れやすい」こと。竹炭はそのまま形を残すことが難しいと言われています。ただ消臭のためだけに使う商品であればそこまで気にする必要のないポイントですが、観賞用として世の中に送り出される以上、そうはいきません。製造の過程では、これまでインテリアとして竹炭をつくったことのない職人さんたちが、「また折れたか・・・」と何度もショックを受けながら、地道な改善を繰り返してきたそう。その甲斐あって、千葉県、山梨県、長野県や新潟県など日本各地のベテランの炭焼き職人が丁寧に焼き上げた最高品質の竹炭を活用した「TAKESUMI」が生まれたのです。

3. 日本の山を守ることにつながる。

3つ目の違いは、「TAKESUMI」が持つ社会的な意義にあります。「竹害」という言葉を知っていますか?「竹害」とは、生命力の強い竹が森林を侵食して、その結果、生態系の単純化や土砂崩れが起きやすくなるという社会問題です。このそもそもの原因は、竹の需要が減り、伐採・活用するだけの費用がかけられないこと。「TAKESUMI」は、竹の新しい役割を創り出すことで、この「竹害」を解決しようとしているのです。

ただおしゃれで品質の高いインテリア、としてだけではなく、日本の山を守ることにもつながる「TAKESUMI」。ぜひ、生活のそばに置いてみませんか?



【商品情報】
多肉植物の癒し (セダムリノ/ハオルチア/スモールセダム)
いずれも: 高さ:約80mm×横:約50mm×奥行:約50mm

※3点セットはこちら
多肉植物の癒し 縁側セット
http://store.70seeds.jp/items/5670662


【もっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ】
竹ビジネスは一石二鳥!?-竹炭インテリア「TAKESUMI」で知る「竹害」のハナシ
https://www.70seeds.jp/takesumi-161/


※ご注意
「飾り竹炭」は、高温多湿、直射日光をさけ、水をやらないでください。
日本の良質な竹炭ですが割れやすいので、強い衝撃を与えないよう丁寧にお取り扱いください。また、湿気等の影響から、自然に割れることがあります。

「飾り竹炭」は、自然の竹炭を利用しているため、配送時に割れてしまうことがあります。竹炭は、自然の竹を伐採し、炭焼き職人によって、一つ一つ丁寧に作られています。そのため、一部の竹炭には、傷であったりひびが入っていたりする場合がありますが、自然の魅力をそのままご堪能ください。もし万が一開封した時点において、「飾り竹炭」がすでに大きく割れていたら、お手数をおかけいたしますが、当ショップまでご連絡をくださいますようお願い申し上げます。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 864円
70seeds STOREで取り扱い開始後、多くの反響を呼んだ竹炭インテリア「TAKESUMI」。
問い合わせの声にお応えし、当初展開していたセット商品が単品でもお買い求めいただけるようになりました。

「竹炭を使ったグッズ」というだけなら、ディスカウントストアや100円均一ショップでもすでに売られています。そんな商品と「TAKESUMI」の違いはどこにあるのでしょう。

その違いは大きく3つありました。


1. デザイン性にこだわった「インテリア」。

これまで竹炭と言えば、「置いてあるだけ」で用をなす、消臭・殺菌のための「機能性商品」としての顔が主なイメージでした。ですが、機能だけで言えばもっと安価な化学薬品でいくらでも代わりができてしまう。美しい日本の竹炭を使うからこそできることを考えた先にあったのが「デザイン性」の追求でした。

竹炭ブームが起きるよりもっと前から、20年間にわたって竹炭アートクリエーターとして活動を続けてきた、TAKESUMI副社長の南さんが生み出す「デザイン」。そのクオリティは、日本橋の老舗百貨店にも並んだ実績を持つほどです。

2.日本の炭焼き職人による最高級の竹炭。

竹炭の弱点、それは「割れやすい」こと。竹炭はそのまま形を残すことが難しいと言われています。ただ消臭のためだけに使う商品であればそこまで気にする必要のないポイントですが、観賞用として世の中に送り出される以上、そうはいきません。製造の過程では、これまでインテリアとして竹炭をつくったことのない職人さんたちが、「また折れたか・・・」と何度もショックを受けながら、地道な改善を繰り返してきたそう。その甲斐あって、千葉県、山梨県、長野県や新潟県など日本各地のベテランの炭焼き職人が丁寧に焼き上げた最高品質の竹炭を活用した「TAKESUMI」が生まれたのです。

3. 日本の山を守ることにつながる。

3つ目の違いは、「TAKESUMI」が持つ社会的な意義にあります。「竹害」という言葉を知っていますか?「竹害」とは、生命力の強い竹が森林を侵食して、その結果、生態系の単純化や土砂崩れが起きやすくなるという社会問題です。このそもそもの原因は、竹の需要が減り、伐採・活用するだけの費用がかけられないこと。「TAKESUMI」は、竹の新しい役割を創り出すことで、この「竹害」を解決しようとしているのです。

ただおしゃれで品質の高いインテリア、としてだけではなく、日本の山を守ることにもつながる「TAKESUMI」。ぜひ、生活のそばに置いてみませんか?



【商品情報】
多肉植物の癒し (セダムリノ/ハオルチア/スモールセダム)
いずれも: 高さ:約80mm×横:約50mm×奥行:約50mm

※3点セットはこちら
多肉植物の癒し 縁側セット
http://store.70seeds.jp/items/5670662


【もっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ】
竹ビジネスは一石二鳥!?-竹炭インテリア「TAKESUMI」で知る「竹害」のハナシ
https://www.70seeds.jp/takesumi-161/


※ご注意
「飾り竹炭」は、高温多湿、直射日光をさけ、水をやらないでください。
日本の良質な竹炭ですが割れやすいので、強い衝撃を与えないよう丁寧にお取り扱いください。また、湿気等の影響から、自然に割れることがあります。

「飾り竹炭」は、自然の竹炭を利用しているため、配送時に割れてしまうことがあります。竹炭は、自然の竹を伐採し、炭焼き職人によって、一つ一つ丁寧に作られています。そのため、一部の竹炭には、傷であったりひびが入っていたりする場合がありますが、自然の魅力をそのままご堪能ください。もし万が一開封した時点において、「飾り竹炭」がすでに大きく割れていたら、お手数をおかけいたしますが、当ショップまでご連絡をくださいますようお願い申し上げます。
通報する