• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

大阪府堺と徳島県徳島の伝統工業の掛け合わせ|藍包丁「柳刃」

大阪府堺と徳島県徳島の伝統工業の掛け合わせ|藍包丁「柳刃」
¥ 46,000
お皿に並んで、角がピン!と立った、おいしいお刺身を造るコツ、知っていますか?実は腕前よりも、包丁の選び方が大切だったんです…。

今回のラインナップは3種。刃の形状が柳の葉に似ている「柳刃」は片刃の包丁。和包丁の真髄とされ、刺身を造るために用いられています。この綺麗でまっすぐな刃の模様は、堺職人の間で引き継がれてきた技術の賜物。職人たちが手がけるこの形状によって、料理人たちは魚の断面をスパッと切り、角をキリッと立てられることができるのです。

藍包丁がうまれた裏には「日本の魅力を海外に伝えたい」という想いがありました。

”高校時代にカナダに留学して、社会人になって外資系の企業で働いて、外国に住む機会があったんです。本当に、包丁1つとっても、日本で売ってるものの方が切れるのに、なんで海外の包丁使ってるんだろうとか、車でも、海外車よりも日本車の方が燃費がいいのに、長く使えるのに何で日本のが使われていないんだろうとか、日常生活で感じたんです。手仕事品から工業製品まで。海外にいると日本の製品って当時はほとんど見かけなかったので、日本のモノの魅力が届いてないなって思ったんです。”


三徳や牛刀が押すように切るのに対して柳刃は引いて切るため、刃渡りが通常よりも長く、20cm以上あります。また、日本伝統の鋼を使用しているため両刃の包丁よりも硬さと切れ味に優れているのも特徴のひとつ。ただし、伝統的な鋼の特性として、刃が錆びやすいという注意点も。逆にまめにお手入れすることで愛着が湧く、という考え方もできますね。ぜひ長くご愛用ください。

【もっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ】
藍染と包丁のハイブリッドを生み出した「好きなものを仕事にする」伝統工芸の魅力再編集
https://www.70seeds.jp/aiboucyo−235/

【商品情報】
品名:藍包丁 柳刃 鞘付
発売元:株式会社エディットジャパン
刀身:安来白紙2号 *さびやすい
刃渡り:24cm
刃付け:片刃
柄:ヒバ
口輪:積層合板

※ご注意

・こちらは右利き用です。
・木目や藍染の具合などは製品によって微妙に異なります。
・発送まで3〜7営業日ほどいただいております。
・標準箱でのお届けになります。
・在庫切れの場合は、次回入荷まで約1ヶ月かかります。
・全て職人の手作りしておりますので、月に生産できる数量が限られております。ご了承ください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパック(藍包丁)

    藍包丁の配送方法です。発送は埼玉県からです。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,280円
    • 東北

      • 青森県 970円
      • 岩手県 970円
      • 宮城県 970円
      • 秋田県 970円
      • 山形県 970円
      • 福島県 970円
    • 関東

      • 茨城県 970円
      • 栃木県 970円
      • 群馬県 970円
      • 埼玉県 900円
      • 千葉県 970円
      • 東京都 970円
      • 神奈川県 970円
      • 山梨県 970円
    • 信越

      • 新潟県 970円
      • 長野県 970円
    • 北陸

      • 富山県 970円
      • 石川県 970円
      • 福井県 970円
    • 東海

      • 岐阜県 970円
      • 静岡県 970円
      • 愛知県 970円
      • 三重県 970円
    • 近畿

      • 滋賀県 1,070円
      • 京都府 1,070円
      • 大阪府 1,070円
      • 兵庫県 1,070円
      • 奈良県 1,070円
      • 和歌山県 1,070円
    • 中国

      • 鳥取県 1,180円
      • 島根県 1,180円
      • 岡山県 1,180円
      • 広島県 1,180円
      • 山口県 1,180円
    • 四国

      • 徳島県 1,180円
      • 香川県 1,180円
      • 愛媛県 1,180円
      • 高知県 1,180円
    • 九州

      • 福岡県 1,390円
      • 佐賀県 1,390円
      • 長崎県 1,390円
      • 熊本県 1,390円
      • 大分県 1,390円
      • 宮崎県 1,390円
      • 鹿児島県 1,390円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,510円
お皿に並んで、角がピン!と立った、おいしいお刺身を造るコツ、知っていますか?実は腕前よりも、包丁の選び方が大切だったんです…。

今回のラインナップは3種。刃の形状が柳の葉に似ている「柳刃」は片刃の包丁。和包丁の真髄とされ、刺身を造るために用いられています。この綺麗でまっすぐな刃の模様は、堺職人の間で引き継がれてきた技術の賜物。職人たちが手がけるこの形状によって、料理人たちは魚の断面をスパッと切り、角をキリッと立てられることができるのです。

藍包丁がうまれた裏には「日本の魅力を海外に伝えたい」という想いがありました。

”高校時代にカナダに留学して、社会人になって外資系の企業で働いて、外国に住む機会があったんです。本当に、包丁1つとっても、日本で売ってるものの方が切れるのに、なんで海外の包丁使ってるんだろうとか、車でも、海外車よりも日本車の方が燃費がいいのに、長く使えるのに何で日本のが使われていないんだろうとか、日常生活で感じたんです。手仕事品から工業製品まで。海外にいると日本の製品って当時はほとんど見かけなかったので、日本のモノの魅力が届いてないなって思ったんです。”


三徳や牛刀が押すように切るのに対して柳刃は引いて切るため、刃渡りが通常よりも長く、20cm以上あります。また、日本伝統の鋼を使用しているため両刃の包丁よりも硬さと切れ味に優れているのも特徴のひとつ。ただし、伝統的な鋼の特性として、刃が錆びやすいという注意点も。逆にまめにお手入れすることで愛着が湧く、という考え方もできますね。ぜひ長くご愛用ください。

【もっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ】
藍染と包丁のハイブリッドを生み出した「好きなものを仕事にする」伝統工芸の魅力再編集
https://www.70seeds.jp/aiboucyo−235/

【商品情報】
品名:藍包丁 柳刃 鞘付
発売元:株式会社エディットジャパン
刀身:安来白紙2号 *さびやすい
刃渡り:24cm
刃付け:片刃
柄:ヒバ
口輪:積層合板

※ご注意

・こちらは右利き用です。
・木目や藍染の具合などは製品によって微妙に異なります。
・発送まで3〜7営業日ほどいただいております。
・標準箱でのお届けになります。
・在庫切れの場合は、次回入荷まで約1ヶ月かかります。
・全て職人の手作りしておりますので、月に生産できる数量が限られております。ご了承ください。
通報する