• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

消臭、虫よけにも大活躍のアロマスプレー「NOTO アロマミストスプレー」

消臭、虫よけにも大活躍のアロマスプレー「NOTO アロマミストスプレー」
消臭、虫よけにも大活躍のアロマスプレー「NOTO アロマミストスプレー」

木の香りに癒されたことはありませんか?

「能登ヒバ」という石川県の能登地区固有の木で作られたアロマオイル、その名も「能登ヒバ精油」。
石川県の県木に指定されている能登ヒバは、建築用の木材で輪島塗の木地にも使われているそうです。数百キロの木材からわずか数グラムしか採油されない希少なオイル。「捨てられていた間伐材や枝葉の再活用」という思いが込められています。

今回はそんな「NOTO」シリーズからミストスプレーをご紹介。

シロアリや害虫を寄せ付けないという、能登ヒバを蒸留した100%天然の芳香蒸留水です。香りによるリラックス効果に加え、消臭、虫よけ、何にでも使えるアロマスプレー。ノンアルコールなので、フレッシュで優しい香りが広がります。


<「アロマオイルで地域の応援を」開発ストーリー>

「NOTO」シリーズの開発者 市井真太郎さんが、出身地である石川県の県木に指定されている能登ヒバでアロマオイルを作ろうと思い立ったのは、2014年のことでした。

「地域の植物でアロマを作れば、その地域の人の応援や宣伝になるのではないか、と思ったんです。」

能登ヒバを育てている林業の現場に実際に足を運ぶと、そこで山林の課題が見えてきました。
木の価値が下がり、売らないまま育っている木が大量に残っていたそうです。そのままだと木の陰が増えて山が駄目になっていく。それを防ぐために間伐や剪定を行うと、今度は大量に間伐材や枝葉が出てきます。その枝葉の処理にお金がかかり、林業に従事する方たちが困っていたそうです。

「これまで捨てていた間伐材や枝葉を、まったく新しい価値ある商品として再活用したい。」そんな思いで、開発を始めたそうです。

市井さんは、能登地方の森林組合や、地元の製材所の方を巻き込みながら、アロマオイル完成に漕ぎつけます。

「アロマオイルのもととなった木のかんなくずも、地元の製材所からもらったものです。人とのつながりがあったからこそ生まれたアロマオイルですね。」

現在は、精油だけでなく、ハンドクリームやボディミストと多様な展開を見せています。

「アロマオイルだと使ったこともないし敷居が高い。そんな人ももちろんいると思います。でも、そんな人にこそこの商品を届けたいですね。ミストスプレーやハンドクリームなどの日用品ならば、アロマに興味がない人にも手にとってもらいやすいんじゃないでしょうか。この香りを通して、能登ヒバのことを知ってもらったり、石川県に思いを馳せて頂ければいいですね。」


【商品情報】
品名:NOTOアロマミストスプレー 
■内容量:80ml
■特徴成分:能登ヒバ蒸留水

※左から二つ目の写真:(左)NOTOフレグランス ハンドクリーム 、(右)NOTOアロマミストスプレー
※セット売りではございません。NOTOフレグランス ハンドクリームはこちらからお買い求めください。
http://store.70seeds.jp/items/7550496

【もっと知りたい方はこちらもどうぞ】
「逆算」で香りの物語づくり―能登の間伐材でアロマオイル開発
https://www.70seeds.jp/aroma_270/

¥ 864

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 360円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する
{/block:Items}