2020/04/28 18:30

家にいる時間が長くなると、急激に増えるもの。それが、料理の時間。

毎日のように鍋を洗い、野菜や魚やお肉など、常に何かしらまな板の上で切っている――

そんな人が多いのではないでしょうか。


食べることは生きること。

仕方なく自炊している人、家族のために工夫を凝らす人、

はたまた料理やお菓子作りの楽しさに目覚めて、大作を作り上げている人もいるかもしれませんね。


そんな、料理をがんばるあなたへ。

テンションが上がる美しさと、料理好きに嬉しい機能を備えた『藍包丁』をご紹介します。




『藍包丁』はその名のとおり、

徳島県の藍染めの技術と、刀鍛冶の街として栄えた大阪・堺で生まれた和包丁を組み合わせて生まれました。


職人さんが丁寧に作り上げた刃物は最高品質のもの。切れ味が悪くてストレス……なんてことは、ありません。

とはいえ、包丁も消耗品。使っているうちに切れ味が落ちてくるものです。

そこで、お買い上げのお客様には、年3回まで職人による研ぎのサービスをしております。

せっかく気に入った包丁が見つかったのであれば、ぜひ一生大切に使ってあげてもらえればと思います。

既に製品を購入されたお客様もサービスを受けることができるので、切れ味の違いを確かめてみてくださいね。



柄と鞘の藍色も、ひとつひとつが丁寧に職人の手によって染められています。

他では見ることができないグラデーションが、目を引く美しさです。


ただ、藍染めがすごいのはその美しさだけではないんです。

藍は、かつて薬として使われていた時代もあったほど、抗炎症作用や抗菌作用が高いとされています。

菌が繁殖しやすく、なかなか抗菌しづらい柄や鞘を藍染めすることで、気持ちよく使い続けることができます。


徳島の染めと、大阪の包丁。

本来であれば出会うはずのなかった2つの技術が出会い、生まれた『藍包丁』。

切れ味のストレスもなく、見るたびにうっとりするくらい美しい。

料理を楽しむすべての人のキッチンに飾ってほしい商品です。




ご用意している藍包丁は3種類。

作りたいお料理の種類に合わせて、選んでみてくださいね。


【三徳】

野菜・魚・肉、3つすべてに使いやすい、オールマイティな三徳。

これを持っていれば、間違いありません。贈り物にも喜ばれます。



【牛刀】

大きめの三徳としても使える牛刀。

主に肉を切るために開発されたヨーロッパから伝わった洋包丁です。

長い刃渡りが、大きな野菜やスイカを切るときにも役立ちます。



【柳刃】

和包丁の真髄とされ、刺身を造るための片刃の包丁。

堺職人の間で引き継がれてきた技術によって、魚の断面はスパッと切れ、角がキリッと立ちます。




気になる包丁はありましたか?
毎日使うものだからこそ、美しくて機能的な藍包丁。
きっと一生使い続けたい、大切な愛棒になってくれるはずです。


【もっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ】

藍染と包丁のハイブリッドを生み出した「好きなものを仕事にする」伝統工芸の魅力再編集

https://www.70seeds.jp/aiboucyo−235/


※ご注意

・木目や藍染の具合などは製品によって微妙に異なります。

・発送は5月30日頃の予定です。

・標準箱でのお届けになります。

・全て職人の手による制作をしておりますので、月に生産できる数量が限られております。ご了承ください。